社会的養護 総合情報サイト チャボナビ

社会的養護とは?



「社会的養護ってなに?」


社会的養護とは、保護者のない児童や、保護者に監護させることが適当でない児童を、公的責任で社会的に養育し、保護するとともに、養育に大きな困難を抱える家庭への支援を行うことです。
参照:厚生労働省「社会的養護」


社会的養護の分類について


社会的養護は大きく分けて2つに分かれます。


  • 施設養護


    社会的養護施設と言われる施設(児童養護施設など)で子どもを養育する方法。




  • 家庭養護


    里親などの、親と子どもに近い関係性の中で、家庭環境を重視し、子どもの養育を行う方法。






施設形態について


社会的養護施設の施設養護には、大きく分けて6つの形態があります。
下記に、概要を書かせていただきました。



  • 乳児院


     

    保護者の養育を受けられない乳幼児を養育する施設です。
    乳幼児の基本的な養育機能に加え、被虐待児・病児・障害児などに対応できる専門的養育機能を持ちます。




  • 児童養護施設


     

    保護者のいない児童や、保護者の元で養育されることが適当ではない児童の養育を行う施設です。
    安定した生活環境の提供から、生活指導、学習指導、家庭環境の調整を行い、児童の心身の健やかな成長とその自立を支援する機能を持ちます。
    →児童養護施設とは?(リンク)




  • 児童自立支援施設


     

    犯罪などの不良行為をしたりする恐れがある児童や、家庭環境等から生活指導を要する児童を入所または通所させ、必要な指導を行って自立を支援する施設です。




  • 児童心理治療施設


     

    心理的問題を抱え、日常生活の多岐にわたり支障をきたしている子どもたちに、医療的な観点から生活支援を基盤とした心理治療を中心に生活を送る施設です。




  • 母子生活支援施設


     

    18歳未満の子どもを養育している母子家庭、または何らかの事情で離婚の届け出ができないなど、母子家庭に準じる家庭の女性が、子どもと一緒に利用できる施設です。




  • 自立援助ホーム


     

    義務教育を終了した20歳未満の児童であって、児童養護施設を退所したもの、又は、その他の都道府県知事が必要と認めたものに対して、共同生活を営む住居を提供し、
    相談や、その他の日常生活上の援助、生活指導、就業の支援等を行う事業です。



  • 参照:厚生労働省「社会的養護」