新人研修はどのようなことをされているのでしょうか?

4月から毎週水曜日に4回に分けて、当施設の歴史や記録ソフトの取り扱い、心理士による講義や調理実習等の研修が行われています。その後中間期、年度末にそれぞれフォローアップというかたちで研修が行われます。
(児童養護施設A)
施設や法人の成り立ちの説明から始まり、児童養護施設に関係する社会や制度の動きなどについて説明をします。その後は、チームで働くことの難しさや面白さ、職員としての心構えなどについて話をします。
他には、職員による入所児童への不適切な対応について、被措置児童虐待報告事例を元に注意すべき事を伝えています。
(児童養護施設B)
一日かけて施設内で施設長、副施設長が中心となって、施設概要や施設の理念、方針、遵守事項、児童支援について、業務管理システム(パソコン)の使い方を学びます。
その後、実際に入るホームの担当職員からホームについての話があります。ホームに入ってからは、ホームの先輩職員がOJTとなって1年間指導をしています。
(児童養護施設C)